Le Diorama Charcot (BOUM)

最新バージョン Muséum d'Histoire Naturelle de Bourges によって公開 Sep 27, 2017 Muséum d'Histoire Naturelle de Bourges

Le Diorama Charcot du muséum de Bourges a été donné par le muséum national en 1991. Ce diorama a été réalisé (date inconnue mais après 1910) avec les oiseaux collectés par Louis Gain, lors de la seconde expédition Charcot en Antarctique (1908-1910), à bord du Pourquoi pas ? IV. Le cartel original du diorama indiquait : "Expédition Charcot à bord du Français" mais il s'agit bien d'une erreur. Ce diorama était constitué de 34 spécimens. Il n'y en avait plus que 30 en 1991, nombre toujours d'actualité. Les données originales de collectes sont conservées au Muséum National d'Histoire Naturelle de Paris (numéro d'entrée (1911), numéro de collecte et numéro de montage "Groupe Charcot"). La copie du catalogue des entrées du MNHN est proposée pour chaque spécimen, les "/" signalant les passages à la ligne. Ces oiseaux sont cités dans Babin (1911) et Gain (1914). Ce diorama est labellisé "Musées de France". Anecdote : l'un des deux Cormorans de ce diorama porte une bague en osier, témoignage de l'une des premières tentatives française de baguage.

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、30 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 30 レコード French で (7 KB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード French で (8 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード French で (8 KB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Le Diorama Charcot (BOUM)

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Muséum d'Histoire Naturelle de Bourges。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution Non Commercial (CC-BY-NC) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: ab9291ab-5ece-4018-8032-0c4cbd33b31aが割り当てられています。   GBIF France によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているMuséum d'Histoire Naturelle de Bourges が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence; Specimen

連絡先

リソースを作成した人:

Ludovic Besson
Curator
BOUM Les Rives d'Auron 18000 Bourges FR 0248653734
http://www.museum-bourges.net/

リソースに関する質問に答えることができる人:

Ludovic Besson
Curator
BOUM Les Rives d'Auron 18000 Bourges FR 0248653734
http://www.museum-bourges.net/

メタデータを記載した人:

Ludovic Besson
Curator
BOUM Les Rives d'Auron 18000 Bourges FR 0248653734
http://www.museum-bourges.net/

他に、リソースに関連付けられていた人:

データ配布者
GBIF France
IT support
GBIF France 43 rue Buffon 75005 Paris FR +33140798065
http://www;gbif.fr

地理的範囲

Antarctique

座標(緯度経度) 南 西 [-90, -180], 北 東 [-55.777, -171.562]

生物分類学的範囲

説明がありません

Class  Aves (Birds)

時間的範囲

開始日 1909-01-01

コレクションデータ

コレクション名 Diorama Charcot
標本保存方法 Mounted

書誌情報の引用

  1. Babin R. (1911) - Étude de la collection d'oiseaux de l'Antarctique rapportés par la mission Charcot (1re et 2e expéditions : 1903-05 - 1908-10). Revue Française d'Ornithologie, 27 : 113-117. http://www.biodiversitylibrary.org/item/103565#page/157/mode/1up
  2. Gain L. (1914) - Oiseaux antarctiques. in Joubin L. (1914) Deuxième expédition antarctique française (1908-1910) commandée par le Dr Jean Charcot. Masson et Cie, Éditeurs, Paris. http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k6571693c/f261.image
  3. Charcot J.-B. (1910) - Le Pourquoi pas ? dans l’Antarctique. Flammarion, éd., Paris http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k6564063t?rk=21459;2

追加のメタデータ

代替識別子 ab9291ab-5ece-4018-8032-0c4cbd33b31a
http://ipt.gbif.fr/resource?r=boum_charcot